トレード方法

FXトレードルールの作り方!①~何を最初に決めるべきか~

トレードルールの作り方を紹介できればと思います。
トレードにおいてとても重要な事なので、しっかりと自分のトレードルールを作りましょう。

何を最初に決めるべきか?

トレードルールの作り方で良く勘違いされているのが、「どうなったらトレードする。」という考え方です。

それよりもまず最初に決めるべきは、「どんな相場状況になったらトレードするか?」です。
相場には「レンジ相場」「トレンド相場」という大きく分けて2つの相場状況で形成されています。

この2つの相場状況両方に適合するトレードルールは、まず無いと思います。
ですので、まず初めには自分がどの相場状況でトレードを行うべきかしっかりと決めてください。

自分のトレードは「レンジ相場」もしくは「トレンド相場」向きなのか?

初心者の方はまずは「トレンド相場」でトレードすることをおすすめします。
何故かというと、「レンジ相場」でのトレードは往復ビンタにあったり、逆張りを行うトレードになるため、しっかりとロスカット設定をしていないとズルズルやられる可能性が高いからです。
また、初めに逆張りのクセが付きそうなので、まずは「トレンド相場」をメインにトレードすることをおすすめします。

どうやって相場状況を判断するのか

自分のトレードする相場状況が決まったら、次に相場状況を的確に把握する必要があります。

この相場状況把握にはインジケータなどは使いません。
よく「移動平均線がクロスしだしたら、トレンド発生の可能性あり。」「MACDのクロス方向にトレンド発生する可能性がある。」みたいな相場の把握の仕方がありますが、ここでは使用しません。

相場は波形に重要な意味があります。

例えばトレンド相場です。簡単に言えばトレンドは以下2つがあります。

  • アップトレンド:安値を切り上げ、高値も切り上げている相場状況です。
  • ダウントレンド:安値を切り下げ、高値も切り下げている相場状況です。

※トレンド相場の詳しい説明は別途記事を起こす予定です。

レンジ相場の捉え方については以下を参照してください。

このように、まずは相場状況を判断しましょう。

決めた相場状況以外ではトレードしない

自分がトレンド相場だけでトレードすると決めたのであれば、その相場状況の時だけトレードしましょう。

なんとなくレンジ相場でも取れそうだから、トレードしちゃった。
なんてことをしているようだと、まだまだ半端トレーダーです。
トレードでしっかりと利益を残したいのであれば、自分の決めたことはきちんと守りましょう。

これだけでも、損失は大分減ります。

まとめ

まずは相場状況についてしっかりと認識できるようになりましょう。

欲を言えば、チャートを見て瞬間的に現在の相場状況が読めるようになるぐらいだとベストだと思います。
トレードルールというと、「トレードチャンスをどのように見つけて、指値と逆指値の位置を〇〇に設ける。」みたいなことを思い描くと思いますが、まずは自分がどの相場状況でトレードするのか。
これをしっかりと認識しましょう。そして、それ以外の相場状況では絶対トレードしないでください。

次により本格的なトレードルールの作り方を紹介できればと思います。

関連記事

  1. FXの初心者が陥りやすい失敗8個

  2. 水平線ラインのFXトレード

  3. FXトレードルールの作り方!③~取引対象を決める~

  4. 水平線トレードが上手くいかない理由

  5. FXトレードで勝つための方法

  6. FXトレードルールの作り方!④~水平線でのエントリー~

PAGE TOP