トレード方法

水平線トレードが上手くいかない理由

ライントレードとして水平線トレードをしているけど、なかなか上手く勝つことができない。
そんな方が多いのではないかと思います。

水平線トレードを行っている方をみると、とりあえず意識された所にラインを引いてる方が多いのではないでしょうか?
そんな方はまず、サイクル(スイング)の認識能力を上達させましょう。

サイクルとは?

私はサイクルの事をスイングと呼んでいますが、一般的にはサイクルと言われます。

では実際サイクル(スイング)とは何を指すのでしょうか?
上昇トレンドであれば、サイクル(スイング)とは高値を付けた安値から、その高値まで。そして次の安値までを一サイクルとします。(安値から次の安値までが1サイクル)
下降トレンドであれば、サイクル(スイング)とは安値を付けた高値から、その安値まで。そして次の高値までを一サイクルとします。(高値から次の高値までが1サイクル)

言葉では説明が難しいので、次の章で実際のチャートで説明していきたいと思います。

上昇相場でのサイクル(スイング)

では実際のチャートで上昇相場のサイクル(スイング)を見ていきます。
まずはこのようなチャートがあるとします。

サイクル(スイング)の線を引いたものが以下です。

チャート上の縦の白い線ごとが1サイクル(スイング)ととらえています。
ここで重要になってくるのが、どのサイクル(スイング)を認識するのか?ということです。
このサイクル(スイング)の認識がぶれると水平線トレードにも大きな影響を及ぼしてきます。

水平線でのトレード方法

このサイクル(スイング)認識をしたうえで、どのようにトレード戦略をとるのかが知りたい内容だと思います。

私のトレード方法では、まずサイクル(スイング)の高値を超えた事を確認します。
この時点で上方向にブレイクしたとみて、上目線で見ていきまます。ここでは飛びついたりしないほうが良いと考えています。
なぜかというと、ブレイクの騙しの可能性があり下方向へ抜ける事があるためです。
よってブレイクしたラインがしっかりと機能したことを見たうえで入ります。
※以下チャートにてどのようなトレードか確認してみてください。

この時、重要になるのがどの高値をサイクル(スイング)高値と見るのか?です。この認識がぶれてしまうと、関係ないところでブレイクしたと誤認して無駄にトレードすることになります。

また、ストップロスの位置はブレイクしたラインの下10~15pips程、もしくは前のサイクル(スイング)安値の下に設置したほうがよいです。
これは個々のトレードルールに合わせて検証して調整すべきです。

上昇相場でのダメなサイクル(スイング)

ダメなサイクル(スイング)の例を挙げたいと思います。

なぜこのサイクル(スイング)の捉え方がダメなのか?
理由としてはサイクル(スイング)のサイズにばらつきがあるです。

サイクル(スイング)のサイズにばらつきがあると、サイクル(スイング)の高値・安値に認識にブレが発生します。
そうすると、勘違いで水平線を引くことになり間違ったライントレードをすることになります。
全て同じサイズでサイクル(スイング)を認識している必要があります。

まとめ

今回はライントレードでも水平線トレードを行う場合に重要となる、サイクル(スイング)の認識についてでした。
上昇相場での例を挙げていますが、下降相場では逆の事をすればよいだけなので、敢えて取り上げていません。

一番は自分のチャートをじっくり見て検証してみることだと思います。

関連記事

  1. 水平線ラインでの勝率が高くなるロウソク足を見極める

  2. FXトレードルールの作り方!②~ロスカット位置~

  3. FXトレードルールの作り方!④~水平線でのエントリー~

  4. FXの初心者が陥りやすい失敗8個

  5. FXトレードルールの作り方!①~何を最初に決めるべきか~

  6. FXでトレードルールを守る重要性

PAGE TOP