トレード方法

水平線ラインでの勝率が高くなるロウソク足を見極める

よくロウソク足の形によりトレードを仕掛ける手法を見かけます。
しかし、ロウソク足だけのプライスアクションでは総合的に勝つことは難しいと考えています。
そんな時に、水平線ラインと合わせて使うことをおすすめします。

どんなロウソク足?

複雑なロウソク足を覚える必要はないと思っています。

具体的には3つほどのロウソク足の形を知っておくことで勝率を高めることができるはずです。

  • 包み足(アウトサイドバー)
  • ヒゲの長い足
  • 十字線

以上のような足が水平線ライン付近で現れるのを見てから入れば、より勝率が上がります。
具体的にどのような考え方でエントリーするか見ていきましょう。

包み足(アウトサイドバー)

水平線付近で出た包み足(アウトサイドバー)を見ていきましょう。
以下は5分足での包み足になります。

拡大したものは以下になります。

まず確認してほしいのが、過去のボックス(レンジ帯)の上限を抜けていること。
抜けた時点で上方向へのトレンドが発生することが想定されます。

次にどこでサポートされるかです。
この場合、ボックス上限を抜けたことで上昇トレンド発生とみた動きの早いトレーダーがサポート場所に目を付けて狙っている状態です。
場所としては、ボックス上限のラインでサポートされることが考えられます。

ボックスの高値を超える時、強い陽線が出ているのがわかるでしょうか?
この足はボックス上限で売っていた人たちがロスカットした事によって形成された足であることがわかります。

急騰したあとボックス上限のラインまで下がっています。
これは短期で入った買いトレーダーが直ぐに利益確定し、下方向への目線のトレーダーはボックスブレイクの失敗を考えて売ってきます。
これによってラインまで下がってきたと考えます。

水平線まで戻ったところで、上昇トレンド発生を狙っていた動きの早いトレーダーが水平線付近で買いを入れてきます。
これによって形成されたのが「包み足(アウトサイドバー)」です。

水平線付近に近づいたところで、前の足数本を包む強い陽線が出ており、上方向への力が強そうに見えます。
実際、売りの力を跳ね返して、前の足の高値を超える力があるだけのトレーダー達が入ってきたことにより「包み足(アウトサイドバー)」が出来上がったと考えて良いでしょう。

色々な場所で「包み足(アウトサイドバー)」を見つけることができましたが、それがどこで出たのか?が重要です。

ヒゲの長い足

水平線付近で出たヒゲの長い足を見ていきましょう。
以下は5分足になります。

拡大したものは以下になります。

ヒゲの長い足」についても、「包み足(アウトサイドバー)」と考え方は同じです。

水平線を意識しているトレーダーがライン際での買い指値で待ち構えているのと、売りの含み益だったトレーダーがライン付近で利益確定したことによって発生した強い反発によって「ヒゲの長い足」が作られています。

ヒゲの長い足」は探せばあらゆる所で出現します。これをすべてトレードチャンスと見てしまうと、将来的には破産してしまうでしょう。
そうではなく、どこでこの「ヒゲの長い足」が出現したのかが重要です。

ライン際で意識されて、売り込まれた所を下ヒゲを付けてまで持ち上げる力が掛かったという事です。
それだけ力を持ったトレーダーが参入してきた事を意味しています。図の例だと「ヒゲの長い足」の後に「包み足(アウトサイドバー)」も出現しています。
このように強い足が出れば、その方向への勝率は高くなります。

さらに細くすると、この水平線のラインがなぜここまで意識されているのか?に注目すると、ブレイクラインを抜けた強さによるものだと考えられます。

以下のようにブレイクラインを抜ける時強い力が掛かったため、意識されやすくなっている。

理由としては、売り込んでいたトレーダー達が逃げ遅れていたり、強い陽線が出た後の戻りを待っていた買い目線のトレーダー達が水平線ラインまで待って買っているためです。

十字足

水平線付近で出た十字線を見ていきましょう。
以下は5分足になります。

拡大したものは以下になります。

十字線」についても、「包み足(アウトサイドバー)」や「ヒゲの長い足」と考え方は同じです。

同じことの繰り返しになるので説明は省きますが、図のチャートを簡単に説明すると、陽線が続き強い相場と思い入ってきたトレーダーよりラインを目安に売ってきたトレーダーの方が強かったという事です。
買いの利益確定も含めて意識されるラインだったので、買い圧力より売り圧力のほうが勝ったというチャートです。

この時出来たのが「十字線」のロウソク足です。売り買いが拮抗した状態を表しており、そのあと陰線が出ているという事は、戦った結果買いが負けたことを表しているのです。

まとめ

今回は水平線ライン際で勝率が高まるロウソク足の見極め方を見ていきました。

水平線ラインと共にロウソク足の形によっても、トレードすべきかどうか判断する材料にしたほうが勝率は上がりやすくなります。
重要なのは、そのロウソク足がチャートのどこで出たか?です。

水平線ラインで待ち構えるトレーダーを思い描き、誰がロスカットし、それを餌に誰が利益を得るのか?
自分はどちら側に入るべきか?これらを思い描きながらチャート眺め検証していくことをお勧めします。

この記事をみて実際のチャートで同じような場所を探して検証していくのも良いと思います。

是非トレードの参考にしてみて下さし。

関連記事

  1. 水平線トレードが上手くいかない理由

  2. トレード技術を向上するには?

  3. 正しく負けること

  4. FXトレードルールの作り方!②~ロスカット位置~

  5. FXの初心者が陥りやすい失敗8個

  6. FXトレードで勝つための方法

PAGE TOP