日記

【2019年3月25日~】ドル円ライントレードプラン

注意

それぞれの時間足で解説してますが、私はマルチタイムフレームでトレードは行わず、基本1分足トレードなので、その他の時間軸に関してはチャートから見た水平線ライントレードでの見解を記載しているだけです。
その点、ご注意のほどお願いいたします。

ドル円4H足


ドル円4H足から分析していきたいと思います。

①:①’のブレイクラインが意識された動きとなっています。①付近では上値を試したが強いヒゲが出ており、売り圧力が強いことがわかります。

②:このラインの下限はボックスを作っており、強い抵抗帯になることが考えられます。この抵抗帯の売り勢力をロスカットまで追いやる、強い買いが入ったことがわかります。これによって①まで来ています。

③:②のラインを意識して支えようとしている形が見えます。ただここで注意したいのが、①の高値を超えられなかったという事実です。これを確認したトレーダーが売りを入れてきた可能性があります。
 実際③付近のラインを大きく抜けた後、戻り高値が意識されているのがわかります。
 ※ここでショートするかどうかは、ルール次第です。

④・⑤:ここは次に意識される場所です。ここを抜けてくるとまだ下へのトレンドが続きそうな形です。

4H足でのトレードプランは⑤の領域を下抜けるか?跳ね返されるか?を見てからのラインでの反発を見てからのトレードになります。

ドル円15分足


次に15分足を分析していきたいと思います。

①~①’:①のレンジ下限から①’への高値が形成されています。レンジを上抜けた時点で目線は上方向へのトレンドです。トレードチャンスとしてはラインへの戻りを見てから買いで入ることを想定しておきます。

②:この時点でラインを下抜けたので、上抜けは騙しで下へのブレイクかと思いましたが、結果的に買い圧力が勝りラインを上抜けました。この動きでは良く待ってから入らないとロスカットされるかもしれません。

③:ラインに乗ったようにも見えますが、②でいったん下抜けていますし、②からのスイング高値が①’の上限まで届いていないことから、①’~②のインラインの動きなのでここは見送ったほうが良いかもしれません。
 入ってもいいですが、大きく取るようなトレードは期待できないでしょう。

④:③のラインで買っていたトレーダも含めロスカットが大きく出た陰線が作られています。この大陰線で①のラインまで試しにいってます。
 ただし①~⑤までの区間は①~①’の安値から高値内のインラインなので、①を明確に割らないと下降トレンドが発生したと判断できないことに注意してください。

⑤:④の大陰線が出たことで、③のラインへの戻りを待ってショートを入れるところです。今回はラインまで戻ってきませんでしたが、ルールによっては入ることも可能な場所です。
 また、①のラインを明確にブレイクしたので、下降トレンドが発生することが予想できます。

次のトレードプランとしては、①へのライン回帰を待ってショートを打つのが一番ベストかと思っています。
次のプラントしては、110から下の領域に壁があるので、そこでの反発が強いようであれば、⑤を超えた後の戻りをみてからのロングで入りたいです。

ドル円1分足


次に1分足を分析していきたいと思います。

①:直近スイング安値のブレイクラインを割った後の、ライン回帰を見てから売りを入れられる場所です。

②~②’:①のスイング高値を更新した後の安値~高値です。その前に①の後のスイングで、①ラインに乗ると思われたが下に抜けた。これによって方向感がわからなくなっているので、ロングでは入りにくいです。
もし入れるとしたら、②~②’の間にある①ラインに乗ったような動きがあるので、そこで入れるかどうかです。ただスイングが小さいので自分のスイング認識と合わなければ、トレードチャンスになりません。

③:①の前にあったレンジ帯の高値のラインに乗るような動きがありましたが、ラインを下抜けてロスカットしてしまいます。

④:②の前のスイング高値で支えられたのが④です。実際にこのラインをみて仕掛けてきた買い目線のトレーダーが多くいたようです。
 ただ、売り目線のトレーダーも多く、一気に売り込まれたのがわかります。この時、④の買いポジションのロスカットも巻き込んで下落していることがわかります。

⑤:④のライン回帰を待って売りトレードするのがベストですが、戻ってこなかったので売りを入れられません。
 次に、①のラインに反応してラインに戻っているように見えますが、スイングが細かくレンジ帯に見えるので、ここで売りを入れるかどうかは微妙です。活発にトレードされる方はトレードしてもよいと思います。

⑥:①のスイング安値を割り込んで、下降トレンドが確定した時点で、①のラインへの回帰をみて売りを入れます。

⑦:⑥のスイング始値のラインへの回帰を待ちたいですが、戻ってきませんでした。しかし十分な戻りを見せているので、売りを入れてもいい場所かもしれません。
 気を付けたいのが、ここまで下げているので、大きく動いた後はレンジが形成されやすいので、⑥の高値~安値のレンジが形成されることも想定しておくべきです。

次のトレードプランとしては、ここから⑦のラインへの回帰を行い下へ抜けることを想定したトレンドか、レンジを想定して様子みつつ、⑥スイング安値を更新した後に戻りをみて売りトレードを行います。
または、⑥の高値を更新するようであれば、⑥への回帰を見てロングしたいところです。

まとめ

細かいところまでは全部解説できませんが、自分なりに同じようにチャートの検証をおこなうのも良いかとおもいます。

自分のチャート上で検証して、是非トレードの参考にして下さい。

PAGE TOP